大悲千祿本(読み)だいひのせんろっぽん

精選版 日本国語大辞典「大悲千祿本」の解説

だいひのせんろっぽん ダイヒのセンロクホン【大悲千祿本】

黄表紙。一巻一冊。芝全交作・北尾政演(山東京伝)。角書「御手料理御知而已(おてりょうりおしるのみ)」。天明五年(一七八五)刊。千手観音が自分の手を切って損料貸しにし、薩摩守忠度や坂上田村麿などに貸し付けて大儲けする話。当時の不景気な世相と観音開帳の行事を諷した作品。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android