コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日本国粋会 だいにほんこくすいかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大日本国粋会
だいにほんこくすいかい

1919年 10月4日に創立された右翼団体。床次竹二郎のあと押しを受け,関西の土建業者西村伊三郎が提唱し,関東の侠客梅津勘兵衛,倉持直吉,榎本政吉,河合徳三郎らが中心となって創立した。八幡製鉄所ストライキでは,調停の名のもとに争議に介入し,24年3月には奈良県水平社と衝突し,流血事件を引起した。最盛期には会員 60万人と称したが,第2次世界大戦後は解散を命じられ,部分的に救国総連合や護国団に流入し,その後また分裂した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

だいにほんこくすいかい【大日本国粋会】

1919年(大正8)大正デモクラシーの高揚に対し、原内閣内相床次とこなみ竹二郎の斡旋により俠客を糾合して組織された右翼団体。社会主義運動・労農運動に攻撃を加え、しばしば流血事件も起こした。45年(昭和20)解散。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大日本国粋会
だいにほんこくすいかい

1919年(大正8)10月、関東、関西のやくざを集めてつくった官製の暴力団右翼団体。原敬(はらたかし)内閣の内務大臣床次竹二郎(とこなみたけじろう)が根回し役で、同年すでに発足していた関東国粋会の梅津勘兵衛(うめづかんべえ)らと関西の侠客(きょうかく)西村伊三郎などを「大同団結」させ、大木遠吉(とおきち)伯爵を総裁にして設立。東宮侍講杉浦重剛(しげたけ)が皇室中心主義に仁侠道(にんきょうどう)を加えてつくった綱領(これ以外にも、労資協同などをうたった別綱領があった)をもち、労働争議、部落解放運動を襲撃、各地で蛮行を働いた。23年の奈良県水平社事件、27年(昭和2)千葉県野田醤油(しょうゆ)争議への暴力介入はとくに有名。発足以来関東系と関西系の縄張り争いが絶えず、衝突と手打ちを繰り返し、しだいに力を失った。58年(昭和33)に日本国粋会として再建、「保守反動政策排撃、進歩的健善政党支持」などの綱領をもったが、現在は名ばかりとなり、この系譜の団体として国粋青年隊、蒼龍(そうりゅう)会がある。[大野達三]
『荒原朴水著『大右翼史』(1966・秀文社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大日本国粋会の言及

【国粋会】より

…第1次大戦後に多数成立した博徒,土建業者を主体とする右翼団体の一つで,最も有名なものである。正式には大日本国粋会という。大戦直後の労働争議の頻発,社会主義の台頭といった事態を憂慮した関東の梅津勘兵衛,関西の西村伊三郎などの顔役たちによって1919年10月に設立された。…

※「大日本国粋会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大日本国粋会の関連キーワード大正デモクラシー村野常右衛門藤田農場争議鈴木 喜三郎西村 伊三郎田中 舎身貴志弥次郎原敬内閣大木遠吉国粋主義国粋会

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android