コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村伊三郎 にしむら いさぶろう

2件 の用語解説(西村伊三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村伊三郎 にしむら-いさぶろう

1871-1920 明治-大正時代の侠客。
明治4年生まれ。京都の伏見を縄張りとした。軍夫長として日露戦争に参加,その功で陸軍の山形胸章を一家の代紋とすることをゆるされる。大正8年内相床次(とこなみ)竹二郎の勧めで,東西の博徒によびかけて大日本国粋会の結成に力をつくした。大正9年1月15日死去。50歳。通称は砂子川。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

西村伊三郎

没年:大正9.1.15(1920)
生年:明治4(1871)
明治大正期の京都伏見の侠客。通称は砂子川。日露戦争で伏見の第9連隊から弾薬運搬の軍夫を集めることを要望され,子分50人を率いる軍夫長として旅順攻撃に参加した。その功績で,師団長の中山信儀中将から陸軍の山形胸章を一家の代紋とすることを許された。大正8(1919)年,無産政党や多発する労働争議に対抗するため,原敬内閣内務大臣床次竹二郎の意を受け,東西の博徒の親分に呼びかけて大日本国粋会を結成した。関東からは梅津勘兵衛らが参加したが,会長人事のもつれなどから同11年関東国粋会が独立し,組織は分裂した。

(正延哲士)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の西村伊三郎の言及

【国粋会】より

…正式には大日本国粋会という。大戦直後の労働争議の頻発,社会主義の台頭といった事態を憂慮した関東の梅津勘兵衛,関西の西村伊三郎などの顔役たちによって1919年10月に設立された。〈我国古来の温情主義による労資間の美風良俗〉を守るべく,左翼運動を実力で粉砕しうる団体たることがめざされていた。…

※「西村伊三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西村伊三郎の関連キーワード理性院流大宮庫吉岡崎廬門木村亦次郎九々翁麹屋伝兵衛鞘町東伊新場小安鐘弥左衛門半鐘八右衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone