コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大更 おおぶけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大更
おおぶけ

岩手県北西部,八幡平市南東部の旧村域。岩手山北東麓にある。 1889年村制施行。 1956年田頭村,平館村,寺田村の3村と合体し西根村に,1961年西根町となった。 2005年2町村と合体し八幡平市となった。沼宮内代官所所轄の不毛の地であったが,元禄 11 (1698) 年盛岡藩御側用地として開墾が始まり,大更新田と呼ばれた。米作,畜産,野菜の栽培が行なわれる。十和田八幡平国立公園に属する八幡平への登山口にあたる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大更
おおぶけ

岩手県北西部、八幡平(はちまんたい)市の東部にある地区。享保(きょうほう)年間(1716~1736)大更新田を開拓し、良米の産地となる。JR花輪線が通じ、八幡平登山口の一つである。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大更の関連キーワード藤七[温泉]西根[町]三宅大涛ザイラー鷲の尾ガリ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大更の関連情報