コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡平市 はちまんたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八幡平〔市〕
はちまんたい

岩手県北西端,青森県と秋田県に隣接する市。岩手山八幡平など奥羽山脈の山々が連なる。 2005年西根町,安代町,松尾村が合体して市制。北上川水系に属する松川,赤川などが集まる南東部の盆地を中心に,米作,野菜や花卉の栽培が行なわれる。ホウレンソウ,リンドウは特産品。山林が大部分を占め,畜産や林業も盛ん。八幡平,岩手山観光の玄関口として知られるほか,松川温泉藤七温泉などの温泉やスキー場が点在し,1年を通じて多くの観光客が訪れる。享保4 (1719) 年の岩手山の噴火によって生じた焼走り熔岩流は,国の特別天然記念物に指定。藤七温泉近くには,国の天然記念物に指定されている大揚沼 (おおあげぬま) モリアオガエルおよびその繁殖地がある。八幡平,岩手山を含む南西部一帯は,十和田八幡平国立公園に属する。 JR花輪線,国道 282号線,東北縦貫自動車道が市域をほぼ縦貫し,東北縦貫自動車道は安代ジャンクションで弘前線と八戸線に分かれる。面積 862.3km2。人口 2万6355(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はちまんたい‐し【八幡平市】

八幡平

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

八幡平市の関連キーワード岩手県八幡平市八幡平温泉郷岩手県八幡平市小原道ノ下岩手県八幡平市石名坂下タ岩手県八幡平市小原道ノ上岩手県八幡平市日泥道ノ上岩手県八幡平市大多利沢口岩手県八幡平市日泥道ノ下岩手県八幡平市大又沢口岩手県八幡平市下タ川原岩手県八幡平市馬場下タ岩手県八幡平市大面平岩手県八幡平市久保田岩手県八幡平市沖ノ平岩手県八幡平市沖田表岩手県八幡平市栗木田岩手県八幡平市小屋畑岩手県八幡平市長志田岩手県八幡平市比路平岩手県八幡平市地蔵田岩手県八幡平市佐比内

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八幡平市の関連情報