コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大朝宗賀(読み)だいちょう そうが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大朝宗賀 だいちょう-そうが

?-1528 戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。武蔵(むさし)熊谷(埼玉県)竜淵寺の惟通桂儒(いつう-けいじゅ)に師事し,その法をつぐ。下野(しもつけ)(栃木県)本光寺をひらき,永正(えいしょう)8年(1511)より永平寺,竜淵寺,本光寺などの住持をつとめた。大永(たいえい)8年5月13日死去。美濃(みの)(岐阜県)出身。俗姓美濃島

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android