コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大朝宗賀 だいちょう そうが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大朝宗賀 だいちょう-そうが

?-1528 戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。武蔵(むさし)熊谷(埼玉県)竜淵寺の惟通桂儒(いつう-けいじゅ)に師事し,その法をつぐ。下野(しもつけ)(栃木県)本光寺をひらき,永正(えいしょう)8年(1511)より永平寺,竜淵寺,本光寺などの住持をつとめた。大永(たいえい)8年5月13日死去。美濃(みの)(岐阜県)出身。俗姓は美濃島

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大朝宗賀の関連キーワードグリューネワルト享禄ナルバエスパラケルスス薬師寺明智光秀犬筑波集王陽明大内義興カブラル