コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大朝宗賀 だいちょう そうが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大朝宗賀 だいちょう-そうが

?-1528 戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。武蔵(むさし)熊谷(埼玉県)竜淵寺の惟通桂儒(いつう-けいじゅ)に師事し,その法をつぐ。下野(しもつけ)(栃木県)本光寺をひらき,永正(えいしょう)8年(1511)より永平寺,竜淵寺,本光寺などの住持をつとめた。大永(たいえい)8年5月13日死去。美濃(みの)(岐阜県)出身。俗姓美濃島

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大朝宗賀の関連キーワード曹洞

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android