コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大東輿地図 だいとうよちず Taedong-yojidǒ

3件 の用語解説(大東輿地図の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大東輿地図
だいとうよちず
Taedong-yojidǒ

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の哲宗 12 (1861) 年に金正浩によって編まれた朝鮮全道の地図。 1936年縮刷版と,所載地名索引が出版された。地図には山脈,山,河川,営衙,邑治,城跡,鎮堡,駅站,倉庫,牧所,古鎮堡,烽燧,陵寝,坊里,古縣,古山城など1万 1600地点が標識で示され,道路は 10朝鮮里ごとに点をつけている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だいとうよちず【大東輿地図】

朝鮮,李朝の地図。金正浩(号は古山子。?‐1864)作。1861,64年に木版印刷で刊行した罪により作者は刑死した。縮尺16万2000分の1。朝鮮全土を緯線方向で22葉に分割し,各葉を横折りにしてある。27年間の現地踏査を行い,過去の地図も参照し,測度法を取り入れて作製した。李朝の地図中,最高傑作で,前近代の歴史・地理研究に役立つ。姉妹編に《青丘図》2巻と《大東地志》32巻がある。【吉田 光男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大東輿地図
だいとうよちず

朝鮮、李朝(りちょう)末の地図。金正浩撰(せん)。1861年刊。従来の地図作成の成果を総合した画期的地図で、全朝鮮を約1万6200分の1の大きさで描き、それを縦22段に切断して、各段を横に一定幅で折り畳み、しかもその折り目は上段と相対応し、つながるようにしてある。郡県の境界、山、川、道路、道庁、郡県治、駅、倉庫、村落などさまざまな事項がそれぞれ一定の標識で記入されており、単なる李朝末の現勢地図にとどまらず、歴史地図的性格も強く有している。[北村秀人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大東輿地図の関連キーワード金正日言語地図鄭道伝李朝案山子揚山子学地図苔輿地図林慶業金正浩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone