コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大正日日新聞 たいしょうにちにちしんぶん

2件 の用語解説(大正日日新聞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大正日日新聞
たいしょうにちにちしんぶん

1919年 11月 25日大阪で創刊された日刊新聞。第1次世界大戦の際,鉄で一獲千金を手にした勝本忠兵衛が最大の出資者であったが,いわゆる白虹 (はっこう) 事件で『大阪朝日新聞』を退いた鳥居素川が,ともに辞職した花田大五郎,丸山侃堂 (かんどう) のほか,室伏高信青野季吉鈴木茂三郎橋戸頑鉄らを加えて創刊し,鳥居が専務取締役,主筆,編集局長を兼ねた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大正日日新聞
たいしょうにちにちしんぶん

1919年(大正8)11月25日、白虹(はっこう)筆禍事件で『大阪朝日新聞』を退社した鳥居素川(そせん)が大阪で創刊した日刊紙。勝本忠兵衛、藤村義朗(よしろう)ら阪神財界の有力者が出資し、同じ『朝日』退社組の花田大五郎、丸山幹治、室伏高信、青野季吉(すえきち)、鈴木茂三郎、橋戸頑鉄(がんてつ)(信(まこと))、宮部敬治、伊豆富人(とみと)、中島為喜(ためき)らを擁した堂々たる新聞であったが、営業面に人を欠き、『朝日』『毎日』両紙の堅陣に歯がたたず、出資者との内紛などもあって、翌20年6月、鳥居は退社、7月17日、大本(おおもと)教に買収され、その使命は終わった。9月25日復刊した『大正日日新聞』は大本教の機関紙で、大本教弾圧(1921)後は、23年3月米田誠夫の手に移り、40年(昭和15)ごろまで発行を続けた。[春原昭彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大正日日新聞の関連キーワード赤旗秋谷豊緒方六治菊池侃二白木義一郎天牛新一郎中桐雅夫矢部良策吉岡保五郎満洲日日新聞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone