コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大正日日新聞 たいしょうにちにちしんぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大正日日新聞
たいしょうにちにちしんぶん

1919年 11月 25日大阪で創刊された日刊新聞。第1次世界大戦の際,鉄で一獲千金を手にした勝本忠兵衛が最大の出資者であったが,いわゆる白虹 (はっこう) 事件で『大阪朝日新聞』を退いた鳥居素川が,ともに辞職した花田大五郎,丸山侃堂 (かんどう) のほか,室伏高信青野季吉鈴木茂三郎,橋戸頑鉄らを加えて創刊し,鳥居が専務取締役,主筆,編集局長を兼ねた。『大阪朝日新聞』『大阪毎日新聞』から仇敵視され,あくどい妨害を受けたうえに,社内の融和を欠き,20年6月には鳥居が退陣させられたほどで,その7月 17日には解散してしまった。この題号大本教に譲渡されたが,大本教の弾圧後は人手を転々とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大正日日新聞
たいしょうにちにちしんぶん

1919年(大正8)11月25日、白虹(はっこう)筆禍事件で『大阪朝日新聞』を退社した鳥居素川(そせん)が大阪で創刊した日刊紙。勝本忠兵衛、藤村義朗(よしろう)ら阪神財界の有力者が出資し、同じ『朝日』退社組の花田大五郎、丸山幹治、室伏高信、青野季吉(すえきち)、鈴木茂三郎、橋戸頑鉄(がんてつ)(信(まこと))、宮部敬治、伊豆富人(とみと)、中島為喜(ためき)らを擁した堂々たる新聞であったが、営業面に人を欠き、『朝日』『毎日』両紙の堅陣に歯がたたず、出資者との内紛などもあって、翌20年6月、鳥居は退社、7月17日、大本(おおもと)教に買収され、その使命は終わった。9月25日復刊した『大正日日新聞』は大本教の機関紙で、大本教弾圧(1921)後は、23年3月米田誠夫の手に移り、40年(昭和15)ごろまで発行を続けた。[春原昭彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大正日日新聞の関連キーワード花田 比露思河東 碧梧桐鈴木 茂三郎青野 季吉市川 正一生方 敏郎藤村 義朗藤村義朗丸山幹治式 正次式正次

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android