コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大津京 おおつきょう

3件 の用語解説(大津京の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大津京
おおつきょう

天智6 (667) 年,天皇が諸人の反対を押切って大和の飛鳥から移した都。その位置はいまの滋賀県大津市内の旧滋賀村一帯といわれるが,詳細は不明。遷都の理由は,飛鳥の旧勢力を避け人心を一新すること,さらに水陸交通の便がよいこと,対新羅防衛策などがあげられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おおつきょう【大津京】

おおつのみやこ【大津京】

大津市にあった天智天皇の帝都。667年飛鳥京より遷都。壬申の乱(672年)によって荒廃した。近江大津京おうみのおおつのみやこ。大津宮。しがのみやこ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大津京の言及

【大津[市]】より

…人口27万6332(1995)。都市としての起源は天智天皇が大津京を造営した667年(天智6)までさかのぼる。大津の中心市街は交通の要衝に位置しているため,近世には東海道の宿場町,琵琶湖水運の港町として繁栄するとともに,西国三十三所の第14番札所園城(おんじよう)寺(別称,三井寺)の門前町としてにぎわった。…

※「大津京」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大津京の関連キーワード永万諸人遷幸勅題間人皇女大津宮滋賀の都大津[市]井戸王常陸娘

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大津京の関連情報