コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大津京 おおつきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大津京
おおつきょう

天智6 (667) 年,天皇が諸人の反対を押切って大和の飛鳥から移した都。その位置はいまの滋賀県大津市内の旧滋賀村一帯といわれるが,詳細は不明。遷都の理由は,飛鳥の旧勢力を避け人心を一新すること,さらに水陸交通の便がよいこと,対新羅防衛策などがあげられる。唐風の画然たる都城であったといわれ,内裏のほかに仏殿,西殿,西小殿,大蔵などがあった。同 10年天智天皇の没後,この帝都も弘文1 (672) 年の壬申の乱によって荒廃した。『万葉集』に柿本人麻呂高市古人 (→高市黒人 ) らのこの荒都を悲しんだ歌が収められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおつきょう【大津京】

おおつのみやこ【大津京】

大津市にあった天智天皇の帝都。667年飛鳥京より遷都。壬申の乱(672年)によって荒廃した。近江大津京おうみのおおつのみやこ。大津宮。しがのみやこ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の大津京の言及

【大津[市]】より

…人口27万6332(1995)。都市としての起源は天智天皇が大津京を造営した667年(天智6)までさかのぼる。大津の中心市街は交通の要衝に位置しているため,近世には東海道の宿場町,琵琶湖水運の港町として繁栄するとともに,西国三十三所の第14番札所園城(おんじよう)寺(別称,三井寺)の門前町としてにぎわった。…

※「大津京」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大津京の関連キーワード滋賀の都・志賀の都南滋賀町廃寺跡大津[市]近江大津京大津(市)滋賀(県)滋賀の都井上 勝崇福寺跡近江神宮みやこ大津宮横大路興福寺大津壬申

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大津京の関連情報