コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大津宮 オオツノミヤ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大津宮

663年の白村江の戦いで唐と新羅の連合軍に敗れた後、中大兄皇子が国内体制を強化するため、旧勢力が強い奈良・飛鳥地方を離れ、667年に造営した都。翌年、皇子はここで天智天皇として即位したが、壬申の乱(672年)後、天武天皇飛鳥浄御原宮に遷都し、廃都となった。

(2008-03-15 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

大津宮【おおつのみや】

近江(おうみ)大津宮

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大津宮
おおつのみや

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大津宮の言及

【近江大津宮】より

…また,この宮では唐・新羅によって滅ぼされた百済の遺臣たちが重用され,彼らによってもたらされた唐文化が隆盛した。しかし,671年,天智天皇がこの宮で没すると皇位継承をめぐり翌年壬申の乱が勃発し近江軍は敗れ,勝利した大海人皇子は再び飛鳥に遷都したため大津宮は急速に廃都と化した。この宮に関する資料はほとんどなく,宮の構造はもちろんのこと,その定かな位置すらごく近年まで明らかでなかった。…

【崇福寺】より

…滋賀県大津市にあった古代の官寺。志賀山寺ともいい,668年(天智7)天智天皇が霊夢により大津宮の北西山中に創建したと伝える。《扶桑略記》が引く縁起によると,諸堂舎がそなわり,弥勒の丈六像を本尊とした。…

※「大津宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大津宮の関連キーワード天智天皇(てんじてんのう)日吉大社(ひえたいしゃ)近江大津宮錦織遺跡瀬田丘陵生産遺跡群滋賀県大津市錦織崇福寺(滋賀県)滋賀県大津市大津[市]穴太廃寺跡大分恵尺不改常典大友皇子中臣鎌足飛鳥時代村国男依刑部親王近江朝廷近江神宮高市皇子崇福寺

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大津宮の関連情報