大津宮(読み)おおつのみや

精選版 日本国語大辞典「大津宮」の解説

おおつ‐の‐みや おほつ‥【大津宮】

天智天皇六年(六六七)から五年間、近江国滋賀県)大津に置かれた皇居壬申廃絶。大津市錦織地区で宮跡と推定される遺構が発見されている。条坊の整ったは存在しなかったと思われるが、明治以後、大津京とも俗称されている。近江大津宮。滋賀の

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大津宮の言及

【近江大津宮】より

…また,この宮では唐・新羅によって滅ぼされた百済の遺臣たちが重用され,彼らによってもたらされた唐文化が隆盛した。しかし,671年,天智天皇がこの宮で没すると皇位継承をめぐり翌年壬申の乱が勃発し近江軍は敗れ,勝利した大海人皇子は再び飛鳥に遷都したため大津宮は急速に廃都と化した。この宮に関する資料はほとんどなく,宮の構造はもちろんのこと,その定かな位置すらごく近年まで明らかでなかった。…

【崇福寺】より

…滋賀県大津市にあった古代の官寺。志賀山寺ともいい,668年(天智7)天智天皇が霊夢により大津宮の北西山中に創建したと伝える。《扶桑略記》が引く縁起によると,諸堂舎がそなわり,弥勒の丈六像を本尊とした。…

※「大津宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android