コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大津波警報 オオツナミケイホウ

2件 の用語解説(大津波警報の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおつなみ‐けいほう〔おほつなみ‐〕【大津波警報】

地震が発生した時に気象庁が発表する、津波に関する警報・注意報の一つ。予想される津波の高さが3メートルを超える場合に発表される。木造家屋が全壊・流失し、人が津波の流れに巻き込まれるなどの被害が想定される。この警報が発表された時は、ただちに海岸や川沿いから離れ、高台や避難ビルなど安全な場所へ避難する必要がある。→津波警報津波警報・注意報
[補説]予想される津波の高さが3メートル超5メートル以下の場合は「5m」、5メートル超10メートル以下の場合は「10m」、10メートル超の場合は「10m超」というように3段階の数値で発表される。ただし、マグニチュード8を超えるような巨大地震の場合は、地震の正確な規模が判明するまでは「巨大」という言葉で発表される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大津波警報の関連情報