コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大洲(おおず)和紙

2件 の用語解説(大洲(おおず)和紙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

大洲(おおず)和紙

愛媛県西予市、喜多郡内子町で生産される和紙。原料はコウゾミツマタ、麻など。製造の歴史は長く、平安時代の『延喜式』にも記述がみられる。江戸時代に大洲藩の保護・奨励を得て発達。書道用紙、たこ紙、障子紙などに用いられる。1977年、国の伝統的工芸品に指定。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本文化いろは事典の解説

大洲和紙

産地:愛媛 大洲和紙は、質の良さから書道用紙として古くから全国の書道家に愛用されています。明治時代に紙の利益を上げるため品質を落としたことで、一時大洲和紙の 評価は下がりました。しかし、三椏を原料とする良質の書道和紙が明治中期に開発されたことで、もとの名声を取り戻し、現在も大洲和紙のかな用書道用紙は日 本一といわれています。

出典|シナジーマーティング(株)
日本文化いろは事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone