コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石千引 おおいし ちびき

6件 の用語解説(大石千引の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大石千引

江戸後期の国学者・歌人。江戸生。田隣の子。字は道和、初名は貞見、通称伝兵衛のち源左衛門、号は星盧・野迺舎。初め幕臣横瀬貞臣に冷泉家の家風を学んだが、のち加藤千蔭の門人となる。『栄華物語』『大鏡』の研究に精力を傾け、歌は『万葉集』を好んだ。著書に『栄華物語語抄』『大鏡系図』等がある。天保5年(1834)歿、66才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおいし‐ちびき〔おほいし‐〕【大石千引】

[1770~1834]江戸後期の国学者・歌人。江戸の人。加藤千蔭(かとうちかげ)に師事。著「言元梯」「日中行事略解」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大石千引 おおいし-ちびき

1770-1834 江戸時代後期の歌人,国学者。
明和7年3月12日生まれ。冷泉(れいぜい)家の歌風を横瀬貞臣にまなんだが,のち加藤千蔭(ちかげ)の門人となる。「大鏡」「栄花物語」の研究に力をそそいだ。天保(てんぽう)5年9月13日死去。65歳。江戸出身。初名は貞見。字(あざな)は道和。通称は伝兵衛。号は星廬,野々舎。著作に「大鏡系図」「言元梯」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大石千引

没年:天保5.9.13(1834.10.15)
生年:明和7.3.12(1770.4.7)
江戸後期の国学者。初名貞見,通称伝兵衛,源左衛門,字道和,号星廬,野々舎。江戸の人。父は下野(栃木県)烏山藩士。幕臣歌人横瀬貞臣に和歌を学び,のち加藤千蔭門に入る。歌人としてよりも国学者として名を成した。特に『栄花物語』や『大鏡』の研究にすぐれた業績を挙げる。『大鏡短観抄』『栄花物語抄』などのほか,随筆『野乃舎随筆』,歌集『野乃舎集』がある。

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおいしちびき【大石千引】

1770‐1834(明和7‐天保5)
江戸中期の国学者。下野烏山藩士大石田隣の子。江戸本所に生まれ,通称伝兵衛,のち源左衛門。千引は号。舎号は野乃舎。歌才にすぐれ,はじめ冷泉家の歌風を学ぶが,のち加藤(橘)千蔭に従い万葉調の作歌をめざす。《栄華物語》《大鏡》の研究に精力を傾け,また他説を自説とする風潮を批判,独自の語釈を追究した。著書に《栄華物語抄》《大鏡短観抄》《大鏡系図》《元言梯》《野乃舎随筆》など。【南 啓治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおいしちびき【大石千引】

1770~1834) 江戸後期の国学者・歌人。号は、野々舎。江戸の人。加藤千蔭門下。著「日中行事略解」「栄花物語抄」「大鏡短観抄」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大石千引の関連キーワード安部和貞檜垣貞盈戒言加藤直蔭名倉安興山形県北村山郡大石田町大石田山形県北村山郡大石田町大石田乙山形県北村山郡大石田町大石田甲山形県北村山郡大石田町大石田丁山形県北村山郡大石田町大石田丙

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone