コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大船渡線 おおふなとせん

4件 の用語解説(大船渡線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大船渡線
おおふなとせん

一関 (岩手県) から盛 (さかり) にいたる鉄道。 JR東日本。一関-盛間 105.7km。 1935年全通。北上川流域と三陸海岸を結ぶ鉄道の1つで,盛以北は,三陸鉄道南リアス線が盛-釜石間 (36.6km) を走っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大船渡線【おおふなとせん】

一ノ関〜盛(さかり)間のJR線。愛称〈ドラゴンレール大船渡線〉。営業キロ105.7km。東北本線から分岐して北上山地を横断して三陸沿岸の気仙沼(けせんぬま)市,大船渡市に達し,1935年全通。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

大船渡線

JR東日本が運行する鉄道路線。岩手県一関市の一ノ関駅から大船渡市の盛駅を結ぶ。愛称は「ドラゴンレール大船渡線」。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大船渡線
おおふなとせん

東日本旅客鉄道の線路名称。岩手県、一ノ関―盛(さかり)間105.7キロメートルで、全線単線。北上高地を横断して東北本線と三陸地方を結ぶ鉄道の一つで、沿線には気仙沼(けせんぬま)、陸前高田、大船渡などの都市がある。終点の盛以北については、日本国有鉄道盛線の名称で盛―吉浜間21.5キロメートルが通じていたが、吉浜―釜石(かまいし)間約15キロメートルが1984年(昭和59)に完成。第三セクターとして成立した三陸鉄道南リアス線(盛―釜石)となった。1925~35年(大正14~昭和10)に開業したが、陸中門崎(かんざき)―千厩(せんまや)間では地元有力政治家がルートの奪い合いをした結果、極端な迂回(うかい)線となっている。87年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に所属。[青木栄一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大船渡線の関連キーワード岩手県一関市柄貝岩手県一関市久保岩手県一関市沢岩手県一関市台町岩手県一関市釣山岩手県一関市東山町長坂岩手県一関市真柴岩手県一関市宮坂町岩手県一関市弥栄岩手県一関市山目

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大船渡線の関連情報