コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷国次 おおたに くにつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷国次 おおたに-くにつぐ

1844-1868* 幕末の武術家。
天保(てんぽう)15年生まれ。国定忠治の子。父の刑死後僧となり千乗と名のるが,武芸をこのみ還俗(げんぞく)。慶応3年薩摩(さつま)鹿児島藩の主導による下野(しもつけ)(栃木県)出流山(いずるさん)挙兵の際,大谷刑部と改名し,軍資の調達に奔走。岩船山の戦いで幕府軍に捕らえられ,慶応3年12月18日佐野河原で処刑された。24歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。幼名は寅次。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大谷国次の関連キーワード戊辰戦争ブートレロフバンディエラ兄弟曲芸ペテーフィマルクス経済学シュティフターダービー(14th Earl of Derby Edward George Geoffrey Smith Stanley)鮎沢伊太夫藩学一覧

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android