大身(読み)タイシン

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐み おほ‥【大身】

〘名〙
① (「おお」は接頭語) 天皇のおからだ。玉体。大御身(おおみみ)
② 刃の部分が長くて大きいこと。特に槍(やり)についていう。
※籾井家日記(1582頃)丹波勢合戦「長谷川は大身の鎌鑓(かまやり)なり」
③ 大身の槍のこと。
※浮世草子・正月揃(1688)一「鎌鎗(かまやり)・十文字・直鑓(すやり)・大身(ミ)等流流に勝利の口伝あって」

たい‐しん【大身】

〘名〙
① (形動) 身分の貴いこと。位が高く、祿高の多いこと。また、そのさまやその人。⇔小身
※普広院殿御元服記(15C中か)「近習若大身達、歩行少々被召具之」
※浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)三「する程の事御目にとまり、次第次第に大身(タイシン)となり」
② 大きなからだ。
※古今集灌頂(室町)「大身を現れば虚空に満、小身を現ずれば芥子に入」
③ 仏語。仏の法身(ほっしん)または報身(ほうしん)をいう。あるいは広大な化身(けしん)をいう。
※九冊本宝物集(1179頃)八「六十万億那由他恒河沙由旬の大身を現じ結ひて、眉間白毫の五の須彌のやうなるを観じ」 〔金剛般若波羅密経論‐上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報