コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪層群 おおさかそうぐん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大阪層群
おおさかそうぐん

大阪市北部の千里丘陵を模式地とし,大阪平野周辺の丘陵を構成する鮮新世末~更新世前期の地層。泥層と砂礫層の互層で,厚さ 300m以上。海成層と淡水成層のところがあり,植物,ケイ藻,貝殻,哺乳動物などの化石を産出する。これと対比される地層は明石,神戸,京都,名古屋周辺まで分布している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大阪層群【おおさかそうぐん】

大阪平野・京都盆地・奈良盆地・西宮・明石・淡路島の丘陵をつくる第三紀末〜第四紀中期の地層。非海成のおもに砂礫(されき)層の間によく連続する海成の粘土層が何枚もはさまれる。
→関連項目上町台地

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大阪層群の関連キーワードマチカネワニ(待兼鰐)マチカネワニ津名丘陵河泉丘陵待兼山

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android