上町台地(読み)うえまちだいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上町台地
うえまちだいち

大阪市中東部を南北に延びる洪積台地。東西約2~3km。南北約 12km。標高 10~30m。北端中央区大阪城南端住吉区で,北端は古代の難波碕 (なにわさき) に相当し,大阪湾に半島状に突出していた。古くから開け,茶臼 (ちゃうす) 山,帝塚 (てづか) 山の古墳のほか四天王寺難波宮 (なにわのみや) 跡,生国魂神社,大阪城など史跡が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

上町台地【うえまちだいち】

大阪市内を南北に走る台地で,大和(やまと)川より北に向かって幅2〜3km,長さ12kmにわたって岬状に突出し,大阪平野を大阪海岸低地と河内低地に二分する。北端には大阪城(大坂城)が位置する。台地の高度は北部が高く標高25mに達するが,南に行くに徒って高度を漸減させ10mほどになる。台地の原形は難波(なにわ)宮石山本願寺や近世の大坂城とその城下町の建設,さらに明治後期からの市街地化により著しく改変されているが,西側に偏る台地稜線に対して多くの谷が入込み,また小高い場所が点在している。地質学上からはこの台地は第四紀の大阪層群と上部洪積層から構成され,大阪構造盆地における隆起性の背斜面軸をなすと考えられている。縄文時代における海進期にあっては,河内低地に入込んだ大阪湾内に突出する半島であったが,河内湾が淀川大和川が運搬した堆積物によって縮小し,さらに河内湾が潟湖から湖沼へと変化する弥生・古墳時代から古代にかけて,この高燥(こうそう)な台地とその西側・北側に形成された難波砂堆(さたい)と天満砂堆の地形は安定した居住の場を提供し,難波・大坂の歴史の発祥地となった。
→関連項目大阪[市]天王寺難波津

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うえまちだいち【上町台地】

大阪市内を南北に延びる台地で,中央区,天王寺区阿倍野区,住吉区にまたがる。和泉山脈河泉丘陵の北に形成された泉北台地に連なり,大和川から北へ向かって幅2~2.5km,長さ12kmほど岬状に突き出し,大阪湾岸沿いの低地と河内低地とを隔てる。北端には大坂城が位置する。北部が高く25mに達するが,南に向かって低くなり,西端は5~10mの崖をなす。大阪層群と呼ばれる第四紀洪積層から構成されるこの台地は,大阪構造盆地内の隆起軸と考えられ,縄文時代における海水面上昇期には,河内低地に奥深く入りこんだ大阪湾内に延びる半島であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上町台地
うえまちだいち

大阪市中央部に広がる洪積台地。大阪城から南へ幅約2キロメートル、南北約10キロメートルで続く細長い台地で、西側に大阪では珍らしい急坂が並んでいる。台地の北部一帯は古墳が多く、開発の古さを物語っている。古代には難波(なにわ)京、中世には石山本願寺、近世には大坂城と、各時代を通じて大阪の中心地となり、明治以降は軍事、政治の町として栄えた。大正時代以降、都市化が進み、住宅地の占める比率が高く、学校、病院なども多い。[安井 司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の上町台地の言及

【大阪[市]】より

…24の行政区からなり,市域の面積は212km2,人口260万2421(1995)。地形は,淀川大和(やまと)川がつくった沖積低地と上町台地によって構成される。上町台地は大坂城付近から南へ向かって細長く半島状につづく台地で,淀川に臨む台地北部は,古代の難波(なにわ)京と四天王寺,中世後期の石山本願寺,近世の大坂城が立地して,大阪の長い都市史における中核をなしてきた。…

※「上町台地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上町台地の関連情報