コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大須観音 オオスカンノン

デジタル大辞泉の解説

おおす‐かんのん〔おほすクワンオン〕【大須観音】

名古屋市中区大須にある真福寺の通称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおすかんのん【大須観音】

真福寺の通称。美濃国中島郡長岡庄大須郷から移されたことからいわれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大須観音
おおすかんのん

名古屋市中区大須にある真言宗智山(ちざん)派の寺。真福寺(しんぷくじ)の通称で、寶生院(ほうしょういん)ともいう。山号は北野山。14世紀ころ能信(のうしん)が密法を伝えるため、美濃(みの)国中島郡大須庄(岐阜県羽島市)に一寺を建立したのに始まる。1350年(正平5・観応1)後村上(ごむらかみ)天皇の勅願所となり、52年に摂津国(大阪府)四天王寺(してんのうじ)から伝空海作の聖観音(しょうかんのん)像を移して本尊とした。のち戦乱や天災で寺勢が衰えたが、1612年(慶長17)徳川家康により現在地に移転、以後徳川家の庇護(ひご)を受けて栄えた。国宝の『翰林(かんりん)学士詩集』『古事記』『玉集(ちょうぎょくしゅう)』『食貨志(しょっかし)』、国指定重要文化財の『本朝文粋(ほんちょうもんずい)』『将門記(しょうもんき)』など古典籍を多数蔵し、それらは真福寺本(大須本)として知られる。万松寺(ばんしょうじ)通りとよばれる門前町は盛り場となっている。[金岡秀友]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大須観音の言及

【真福寺】より

…山号は北野山宝生(ほうじよう)院。当初は大須庄(現在の岐阜県羽島市)にあり,伝空海作の観音像を本尊としたので大須観音ともよばれる。14世紀中ころ伊勢神官度会(わたらい)行家の子能信が創建,後村上天皇勅願所となり,1612年(慶長17)徳川家康の命で現在地に移された。…

※「大須観音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大須観音の関連キーワード愛知県名古屋市中区大須愛知県名古屋市中区大須大道町人祭大須(おおす)真福寺宝生院大須商店街名古屋市宝生院

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大須観音の関連情報