天子ヶ岳(読み)てんしがたけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天子ヶ岳
てんしがたけ

山梨県南巨摩(みなみこま)郡南部(なんぶ)町と静岡県富士宮(ふじのみや)市の境界に位置する山。標高1330メートルで天守(てんしゅ)山地南部の中心的な山。山頂には雨乞(あまご)い風習を伝承する瓔珞(ようらく)ツツジがあり、「炭焼き長者」の伝説が伝わる。静岡県側の朝霧(あさぎり)高原、山梨県側の佐野川上流の小草里(おぞうり)などからハイキングコースが開かれているほかに、東海自然歩道が山頂付近を通っている。[吉村 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android