コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭焼き長者 すみやきちょうじゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炭焼き長者
すみやきちょうじゃ

長者譚の一つ。2種類ある。 (1) 貧しい炭焼き男のところへ都から姫が神のお告げによって訪ねてきて妻となる。小判を男に渡して買物にやると,途中で水鳥を見てそれに投げてしまう。妻がお金を粗末にしたことをなじると,男はあんなものは山に行けばいくらもあるという。そこで山へ行くと黄金の山があり,男は出世して長者となる。この話は豊後の真野長者の伝説として知られている。 (2) 福運をもって生れた女房の話。ある男が女房の金使いの荒いのを怒って追出してしまうと,女は放浪して貧しい炭焼きの妻となる。妻は男に金を渡して買物にやると,こんなものは山へ行けば捨てるほどあるという。山に行くと黄金の山があった。長者となって暮していると,前夫が乞食となって訪ねてくる。それと気づいた女房に下男として雇われ,そこで一生を終る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

炭焼き長者
すみやきちょうじゃ

昔話。思いがけない財宝の発見を主題にした致富譚(たん)の一つ。身分の高い人の姫が、神のお告げにより、炭焼きの妻になる。姫が小判を与えて買い物に行かせると、炭焼きは、小判を池の水鳥に投げ付けて帰ってくる。姫が小判の価値を説明すると、あんなものは炭焼く山にはいくらでもあるという。山の黄金を手に入れ、炭焼きは長者になる。炭焼きの妻が再婚であったとする型に対して、これを初婚型とよぶ。北は青森県から南は沖縄県まで、各地に伝説として伝わっている。炭焼きの名を藤太あるいは小五郎と称している例が多い。大分県竹田(たけた)市の内山観音は、この伝説の中心地で、長者の名を「満野(まんの)長者」という。その物語は「炭焼き長者」と「絵姿女房」の複合した形式で、中世以来、語り物として語られてきた。長者の子孫の草苅(くさかり)氏は臼杵(うすき)市に現存し、花炭(はなずみ)とよぶ堅炭(かたずみ)を焼く技術を伝承していた。類話は東アジアに分布し、朝鮮や中国のパイ族・イ族などに、どれも炭焼きの話として知られている。パイ族の話は古く明(みん)代の『南詔(なんしょう)野史』にもみえる。
 再婚型もほぼ全国的に分布している。福分のある女と福分のない男が結婚する。ささいなことが原因で夫は妻を追い出す。妻は放浪して炭焼きと再婚する。初婚型と同じように炭焼きは長者になる。前夫は乞食(こじき)になって長者の家にきて、元の妻に会い、貧乏を恥じて死ぬ。中国のミャオ族にもこの再婚型があり、前夫を祀(まつ)ったのが、かまど神であるという。炭焼きとはいわないが、再婚型のかまど神の由来譚は、江戸初期の『琉球神道(りゅうきゅうしんとう)記』にもみえる。沖縄県宮古島には、「炭焼き長者」再婚型を家の先祖の炭焼き太郎の物語として伝える旧家があった。朝鮮の類話では炭焼きの妻の父親が再婚型の前夫の役割を果たしている。初婚型は再婚型から単純化したものかもしれない。[小島瓔

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

炭焼き長者の関連キーワードまんのう長者炭焼小五郎絵姿女房運定め話金売吉次天子ヶ岳

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android