コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天役/点役 テンヤク

デジタル大辞泉の解説

てん‐やく【天役/点役】

中世、朝廷に大儀・造営があった時など、臨時に賦課した雑税

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

てんやく【天役】

本来は中世に朝廷の課した公事で,事,勅と同じ。造内裏役大嘗会役,伊勢神宮役夫工米(やくぶくまい)などの一国平均役がその代表であった。戦国末期の《日葡辞書》では点役とあり,〈ある仕事をするようにと,主君がすべての人に負わせる任務または義務〉となる。天役(天皇の課したもの)から点役(主君=領主の点定した役)への語句および語義の変化の内に,中世社会の展開を読みとることは容易であろう。公方が朝廷,将軍の意から,守護,荘園領主,個々の在地領主をも意味するようになっていく流れと同じである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天役/点役の関連キーワードドラゴンボール超てらそままさき七瀬りりこ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android