コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天役/点役 テンヤク

デジタル大辞泉の解説

てん‐やく【天役/点役】

中世、朝廷に大儀・造営があった時など、臨時に賦課した雑税

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

てんやく【天役】

本来は中世に朝廷の課した公事で,事,勅と同じ。造内裏役大嘗会役,伊勢神宮役夫工米(やくぶくまい)などの一国平均役がその代表であった。戦国末期の《日葡辞書》では点役とあり,〈ある仕事をするようにと,主君がすべての人に負わせる任務または義務〉となる。天役(天皇の課したもの)から点役(主君=領主の点定した役)への語句および語義の変化の内に,中世社会の展開を読みとることは容易であろう。公方が朝廷,将軍の意から,守護,荘園領主,個々の在地領主をも意味するようになっていく流れと同じである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

天役/点役の関連キーワードドラゴンボール超てらそままさき七瀬りりこ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android