一国平均役(読み)いっこくへいきんやく

百科事典マイペディアの解説

一国平均役【いっこくへいきんやく】

平安時代中期以降,中世を通じ賦課された臨時の課役(かやく)。一国内の荘園・公領国衙領)に一律に課され,徴収された。主なものに伊勢神宮式年遷宮に関わる役夫工米(やくぶくまい),造内裏役(ぞうだいりやく),大嘗会役(だいじょうえやく),大社寺や諸国一宮・国分寺の造営役などがある。賦課基準は国衙の土地台帳記載の田数で,中世後期からは各国の大田文(おおたぶみ)記載の田数に限定された。南北朝期以降はそれまでの王朝権力に替わって室町幕府が賦課・免除の権利を掌握し,天皇の即位時や幕府の修造などのための段銭(たんせん)が,一国平均役として課された。→国役
→関連項目臨時雑役

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いっこくへいきんやく【一国平均役】

平安後期から中世を通じて賦課された税の一種。朝廷さらには室町幕府および各国衙・守護が賦課した臨時課役のうち,一国内の公領・荘園をとわず一律に賦課・徴収することを原則とした課役をいう。具体的税目としては,伊勢神宮の20年1度の式年遷宮にかかわる役夫工米(やくぶくまい),内裏再建のための造内裏役,天皇即位後最初の新嘗(にいなめ)祭である大嘗(だいじよう)祭挙行のための大嘗会役,伊勢神宮に奉仕する斎宮のための造野宮役および群行・帰京役,伊勢神宮その他の大社に公卿を奉幣使として発遣させる際の公卿勅使役,また宇佐神宮興福寺など朝廷にかかわりの深い大寺社や各国一宮の造営役などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の一国平均役の言及

【段銭】より

…鎌倉時代には米の徴収が多かったので段米とも称した。荘園も公領も平均に課せられたので一国平均役ともいう。賦課主体は,南北朝前期までは王朝権力であったが,1370年代以降は賦課も免除もともに室町幕府の握るところとなった。…

【天役】より

…本来は中世に朝廷の課した公事で,勅事,勅役と同じ。造内裏役,大嘗会役,伊勢神宮役夫工米(やくぶくまい)などの一国平均役がその代表であった。戦国末期の《日葡辞書》では点役とあり,〈ある仕事をするようにと,主君がすべての人に負わせる任務または義務〉となる。…

※「一国平均役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android