コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天目山の戦 てんもくざんのたたかい

1件 の用語解説(天目山の戦の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てんもくざんのたたかい【天目山の戦】

1582年(天正10)3月11日,甲斐の戦国大名武田氏が滅亡した合戦。織田信長徳川家康の連合軍に攻められて窮地に陥った武田勝頼は,郡内領主小山田信茂の誘いに応じて,3月3日築城したばかりの新府城(韮崎市)に火を放って郡内岩殿城(現,大月市内)に向かったが,9日には裏切った信茂に鉄砲を撃ちかけられ行く手をはばまれたので,やむなく先祖の武田信満上杉禅秀の乱で戦死した天目山(東山梨郡大和村)を死地に定め,日川の谷を上った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天目山の戦の関連キーワード先負皇族甲斐ヶ嶺国民の祝日天正日華小宮山友晴土屋昌恒平賀文男山中笑

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone