天目山の戦(読み)てんもくざんのたたかい

世界大百科事典 第2版「天目山の戦」の解説

てんもくざんのたたかい【天目山の戦】

1582年(天正10)3月11日,甲斐の戦国大名武田氏が滅亡した合戦織田信長徳川家康連合軍に攻められて窮地に陥った武田勝頼は,郡内領主小山田信茂の誘いに応じて,3月3日築城したばかりの新府城(韮崎市)に火を放って郡内岩殿城(現,大月市内)に向かったが,9日には裏切った信茂に鉄砲を撃ちかけられ行く手をはばまれたので,やむなく先祖武田信満上杉禅秀の乱で戦死した天目山(東山梨郡大和村)を死地に定め,日川のを上った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android