コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天門 テンモン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天門 てんもん

?-? 江戸時代中期の僧。
荻生徂徠(おぎゅう-そらい)(1666-1728)の門人。徂徠門下の詩集「蘐園(けんえん)録稿」にその詩がみられる。江戸赤城の皆是院住職。法名は円乗。字(あざな)は了玄。詩集に「摂和覧勝」「天門先生詩集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんもん【天門】

天にのぼる入り口にあるという門。また、天帝の宮殿の門。 〔日葡〕
天子の宮殿の門。宮門。
鼻の穴。また、両眉の間。 「 -を扣たたいて醴泉を飲み/三教指帰」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天門の関連情報