太田松次郎(読み)おおた まつじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田松次郎 おおた-まつじろう

1863-1886 明治時代の自由民権運動家。
文久3年2月8日生まれ。生家は三河(愛知県)幡豆(はず)郡の豪商。自由民権思想に共鳴し,内藤魯一らと国会開設のために活動。明治14年「自由権理論」を出版し,東京,横浜などで演説した。16年幡豆郡西尾に英語学校を設立し校長となる。明治19年死去。24歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太田松次郎
おおたまつじろう
(1863―1886)

自由民権運動家。文久(ぶんきゅう)3年2月8日、三河(みかわ)国(愛知県)幡豆(はず)郡一色(いっしき)村(現、西尾市)の豪商の家に生まれる。早くから自由民権思想に共鳴して内藤魯一(ろいち)らとともに国会開設のため奔走し、自由党本部の党活動をあらゆる面で強力に支えた。1880年(明治13)に「政法論」を草し、翌年には『自由権理論』を出版した。また各地での演説や新聞・雑誌に発表した論説によって、民権家として全国に名を知られるようになった。1883年同郡西尾に、同志と協力して英語学校を設立し、地方の実力を養成し、他日有為の人材を陶冶(とうや)することに大いに尽力した。[日比野元彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android