コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田松次郎 おおた まつじろう

2件 の用語解説(太田松次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田松次郎 おおた-まつじろう

1863-1886 明治時代の自由民権運動家。
文久3年2月8日生まれ。生家は三河(愛知県)幡豆(はず)郡の豪商。自由民権思想に共鳴し,内藤魯一らと国会開設のために活動。明治14年「自由権理論」を出版し,東京,横浜などで演説した。16年幡豆郡西尾に英語学校を設立し校長となる。明治19年死去。24歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太田松次郎
おおたまつじろう
(1863―1886)

自由民権運動家。文久(ぶんきゅう)3年2月8日、三河(みかわ)国(愛知県)幡豆(はず)郡一色(いっしき)村(現、西尾市)の豪商の家に生まれる。早くから自由民権思想に共鳴して内藤魯一(ろいち)らとともに国会開設のため奔走し、自由党本部の党活動をあらゆる面で強力に支えた。1880年(明治13)に「政法論」を草し、翌年には『自由権理論』を出版した。また各地での演説や新聞・雑誌に発表した論説によって、民権家として全国に名を知られるようになった。1883年同郡西尾に、同志と協力して英語学校を設立し、地方の実力を養成し、他日有為の人材を陶冶(とうや)することに大いに尽力した。[日比野元彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太田松次郎の関連キーワード自由民権運動自由民権論飯塚納上野富左右岡喬久野初太郎沢辺正修平良新助野手一郎三浦文次

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone