太田正儀(読み)おおた まさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田正儀 おおた-まさよし

?-? 江戸時代後期の和算家。
越後(えちご)(新潟県)長岡藩士。寛政年間(1789-1801)江戸にでて関流の日下(くさか)誠にまなぶ。帰郷して藩の勘定役となり,和算を教授した。通称は寛兵衛。編著に「雑題五十問」。

太田正儀 おおた-まさのり

1630-1717 江戸時代前期-中期の鋳物師。
寛永7年生まれ。江戸神田鍋町にすむ。宝永5年から深川の正元(しょうげん)の勧進により江戸六地蔵のうち5体を鋳造したが享保2年死去。88歳。死後,子の正義が六地蔵を完成させた。通称は久右衛門。受領名は駿河守(するがのかみ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android