コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田玉茗 オオタギョクメイ

デジタル大辞泉の解説

おおた‐ぎょくめい〔おほた‐〕【太田玉茗】

[1871~1927]詩人。埼玉の生まれ。本名、三村玄綱。僧職のかたわら叙情派詩人として知られ、田山花袋国木田独歩らと「抒情詩」を刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田玉茗 おおた-ぎょくめい

1871-1927 明治-大正時代の詩人。
明治4年5月6日生まれ。雑誌「少年文庫」「文学界」に新体詩を投稿,明治30年国木田独歩らとの合同詩集「抒情(じょじょう)詩」に「花ふゞき」が収録された。田山花袋の義兄。埼玉県建福寺住職。昭和2年4月6日死去。57歳。武蔵(むさし)埼玉郡出身。東京専門学校(現早大)卒。本名は伊藤蔵三,のち太田(三村)玄綱。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおたぎょくめい【太田玉茗】

1871~1927) 詩人。埼玉県生まれ。本名、三村玄綱。東京専門学校卒。初期新体詩詩人の一人。国木田独歩らのアンソロジー「抒情詩」に「花ふゞき」を寄せた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

太田玉茗の関連キーワードアンソロジー大正時代江見水蔭田舎教師

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android