太田玉茗(読み)オオタギョクメイ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田玉茗 おおた-ぎょくめい

1871-1927 明治-大正時代の詩人。
明治4年5月6日生まれ。雑誌「少年文庫」「文学界」に新体詩を投稿,明治30年国木田独歩らとの合同詩集「抒情(じょじょう)詩」に「花ふゞき」が収録された。田山花袋の義兄。埼玉県建福寺住職。昭和2年4月6日死去。57歳。武蔵(むさし)埼玉郡出身。東京専門学校(現早大)卒。本名は伊藤蔵三,のち太田(三村)玄綱。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおたぎょくめい【太田玉茗】

1871~1927) 詩人。埼玉県生まれ。本名、三村玄綱。東京専門学校卒。初期新体詩詩人の一人。国木田独歩らのアンソロジー「抒情詩」に「花ふゞき」を寄せた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android