コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

失火責任 しっかせきにん

2件 の用語解説(失火責任の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

失火責任
しっかせきにん

失火によって他人に損害を与えた場合には,過失による不法行為責任が生じるはずである (民法 709) 。しかし,日本の家屋の多くは木造であるため失火の被害が意外に拡大し,その結果失火者にその責任を負担させることは酷なことが少くないことを考慮し,失火の責任に関する法律 (明治 23年法律 40号) は,以上の原則について例外を設け,故意または重大な過失がある場合に限り不法行為責任を負うものとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しっかせきにん【失火責任】

失火責任法(〈失火ノ責任ニ関スル法律〉,1899公布)の定める特別の賠償責任。民法の一般原則によれば,故意または過失ある場合には,他人に加えた損害を賠償しなければならない(民法709条)。しかし,失火により他人に損害を与えた場合にはこれが適用されず,失火者は,故意または重大な過失ある場合にのみ不法行為に基づく損害賠償責任を負担し,軽過失つまり通常の過失については責任を負わない。それは,日本では木造の家屋が多く,失火による損害が意外に膨大なものとなる危険性が大きく,この場合に民法の一般原則が適用されると,失火者は過大な責任を背負うことになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

失火責任の関連情報