コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良版 ナラバン

百科事典マイペディアの解説

奈良版【ならばん】

平安末期〜鎌倉時代,興福寺を含む奈良の諸大寺などで刊行された経典。明治以後に春日(かすが)版ともいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ならばん【奈良版】

鎌倉時代初期ごろから,南都七大寺(東大寺,興福寺,西大(さいだい)寺,元興(がんごう)寺,大安寺,薬師寺,法隆寺)などを中心に開版された版本と,春日版をも含んだ総称。通常は,開版寺院名を冠して呼ばれる。寺院版【編集部】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

奈良版の関連キーワード春日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奈良版の関連情報