コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良版 ナラバン

3件 の用語解説(奈良版の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なら‐ばん【奈良版】

鎌倉時代に、奈良地方の諸大寺が出版した版本の総称。東大寺西大寺唐招提寺法隆寺などのものをいい、大部分が仏典。平安時代からの興福寺版を含めていうこともある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ならばん【奈良版】

鎌倉時代初期ごろから,南都七大寺(東大寺,興福寺,西大(さいだい)寺,元興(がんごう)寺,大安寺薬師寺法隆寺)などを中心に開版された版本と,春日版をも含んだ総称。通常は,開版寺院名を冠して呼ばれる寺院版【編集部】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奈良版の関連情報