コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥飛騨 オクヒダ

3件 の用語解説(奥飛騨の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おく‐ひだ【奥飛騨】

岐阜県北部、神通(じんずう)川の支流である高原川流域をいう。高山市北東部にあたり、平湯・福地・新穂高など温泉が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

おくひだ【奥飛騨】

岐阜の日本酒。酒名は、地元の地名に由来。純米大吟醸酒酒造好適米を35%まで磨いて醸造する。ほかに大吟醸酒純米吟醸酒、純米酒、本醸造酒がある。平成11、14、16、17年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、ひだほまれなど。仕込み水飛騨川の伏流水。蔵元の「髙木酒造」は享保5年(1720)創業。所在地は下呂市金山町金山。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕奥飛騨(おくひだ)


岐阜県北部、神通(じんずう)川支流の高原(たかはら)川流域の汎称(はんしょう)。旧吉城(よしき)郡東部、現在の高山(たかやま)市北東部をさして使われることが多い。新穂高(しんほたか)・平湯(ひらゆ)・福地(ふくじ)などの温泉をもつ奥飛騨温泉郷として有名。飛騨山脈北アルプス)の登山基地で、新穂高ロープウェイが通じる。キャンプ・釣りの好適地。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥飛騨の関連キーワード神通神通川六神通神通力通力神通峡飛騨八尾〈町〉丹生川〈村〉岐阜県岐阜市山県北野

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奥飛騨の関連情報