コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥鬼怒温泉郷 おくきぬおんせんきょう

2件 の用語解説(奥鬼怒温泉郷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥鬼怒温泉郷
おくきぬおんせんきょう

栃木県北西部,鬼怒川の源流一帯に散在する温泉群。加仁湯,八丁ノ湯,日光沢,手白沢,女夫淵 (めおとぶち) の5温泉を含む。奥日光尾瀬沼や丸沼を結ぶ登山コースにあたっており登山客や釣客の利用が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥鬼怒温泉郷
おくきぬおんせんきょう

栃木県日光(にっこう)市の北西部、鬼怒川最上流部にある温泉群の総称。一般に川俣(かわまた)温泉より上流の、女夫淵(めおとぶち)、八丁(はっちょう)ノ湯、加仁湯(かにゆ)、日光沢温泉、手白沢(てしろざわ)温泉からなり、各温泉は1軒ずつの宿があるのみである。女夫淵温泉までは東武鉄道鬼怒川温泉駅からバスの便があるが、それ以外はここより徒歩になるため客は少なく、森に囲まれた野天風呂(ぶろ)がいずれにもあるなど、ひなびた温泉情緒が楽しめる。泉質は単純温泉と硫黄(いおう)泉、塩化物泉など。湯沢噴泉塔は国指定天然記念物。[櫻井明久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の奥鬼怒温泉郷の言及

【川俣[温泉]】より

…弱食塩泉,70~80℃。近くには65年に川俣ダムのダム湖としてつくられた川俣湖,湯沢噴泉塔(天),瀬戸合峡などの観光資源があり,鬼怒川のさらに上流には,バスの便のない奥鬼怒温泉郷(女夫淵(めおとぶち),八丁ノ湯,加仁湯,手白沢,日光沢など)がある。【桜井 明久】。…

※「奥鬼怒温泉郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奥鬼怒温泉郷の関連キーワード鬼怒川小貝川竜王峡奥鬼怒温泉鬼怒沼鬼怒川温泉オートキャンプ場川治[温泉]川俣[温泉]栃木県日光市鬼怒川温泉大原栃木県日光市鬼怒川温泉滝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone