コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

好古類纂 こうこるいさん

2件 の用語解説(好古類纂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

好古類纂
こうこるいさん

明治後期の歴史研究書。全 38冊。東京好古社編,1900~09年刊。執筆者は小杉榲邨井上頼圀ら数十名。文学,史伝,系譜,暦数,装束,工芸,建築,古跡,風俗,書画,武器,金石,園芸,貨幣,儀礼,官職などにわたり,付録に『好古説話』『甲子夜話続編抜粋』などを載せ,故実の考証に有益である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

好古類纂
こうこるいさん

史学講話の集成。好古社(代表宮崎幸麿(ゆきまろ))編。1編に12集ずつ3編と拾遺(しゅうい)2集の計38冊が1900年(明治33)から09年に同社から刊行された。諸家説話なる諸論のほか、史伝、系譜、古蹟(こせき)、儀礼、装束、官職、風俗、遊戯、地理、園芸、建築、工芸、金石、貨幣、武器、書画、文学の各部類の論説を収める。小杉榲邨(すぎむら)、黒川真道、井上頼(よりくに)ら国史・国文学者数十名が執筆。付録に『甲子夜話続篇(かっしやわぞくへん)』抜粋、好古会記事がついている。ほかに同編者により『好古事彙(じい)』を2集、青山堂から09年刊行。[石山 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

好古類纂の関連キーワード萩野由之繹史幸田成友問題史藝能史研究会三瓶孝子新見吉治田中彰三井礼子《歴史研究》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone