コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花莚 はなむしろ

2件 の用語解説(花莚の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

花莚【はなむしろ】

敷物の一種。(藺)を染めて織った絵文様のある莚。上敷のほか,夏季の敷物,袋物,細工品等に使用される。主産地は岡山,広島等。
→関連項目茣蓙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花莚
はなむしろ

花莚には、麻糸または綿糸の撚合(よりあわ)せ糸を経(たて)糸とし、緯(よこ)糸には畳表に用いるイグサを各種の色に染めて模様を織り込んだ機械織りと手織りのものとがある。織り方には、平織、綾(あや)織、紋織、みす織があり、無地と模様のものとがある。野草莚、金波莚、菅草(すげぐさ)莚、とう(籐)莚などがある。製品のほとんどが敷物用で、花茣蓙(はなござ)ともいわれている。岡山、広島、福岡県が産地である。
 花莚として市場に出されたのは明治初年ごろであるが、野生のイグサを織ってつくった敷物は大和(やまと)時代にすでにみられる。現在は、栽培したイグサを刈り取り、干してつなぎ合わせ、化学染料で染める。さらにそれを乾燥させ、織機にかけて織っていくという工程でつくられている。織機は自動で、ジャカードによって花模様や幾何学模様を出している。天然原料のほかに、最近はポリプロピレンによる花莚もつくられている。
 岡山県は、気候、土地がイグサの栽培に適しているため、全国の生産量の半分を占めている。とくに倉敷周辺の工場でその大部分がつくられている。南の茶屋町には、昔ながらの手法で、しっとりした色合いの、じょうぶさは格段という手織りの花莚をつくっているところがある。[秋山光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花莚の関連キーワード青白橡蜀江の錦手を染める筆を染める織色柄染毯代錦革竜鬢筵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone