コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妹沢克惟 せざわ かつただ

2件 の用語解説(妹沢克惟の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

妹沢克惟 せざわ-かつただ

1895-1944 大正-昭和時代前期の地球物理学者,地震学者。
明治28年8月21日生まれ。母校東京帝大の助教授となり船舶工学科の末広恭二(きょうじ)のもとで振動論を研究。同大地震研究所にうつり,昭和3年教授,17年所長となる。地震波の伝播(でんぱ)に関する数理解析研究で6年学士院恩賜賞。昭和19年4月23日死去。50歳。石川県出身。著作に「振動学」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

妹沢克惟
せざわかつただ
(1895―1944)

地震学者。山口市に生まれる。1921年(大正10)東京帝国大学工学部船舶工学科を卒業し、1922年助教授。1923年航空研究所所員(兼務)、1926年地震研究所所員(専任)となり、1928年(昭和3)教授となった。1932年から1年間地球力学研究のためイギリスドイツアメリカへ留学し、1942年地震研究所所長となった。おもな業績には、地震波の球座標および円筒座標による表示、水平層状地殻中のレイリー波(表面波の一つ)の数理的研究がある。また耐震構造飛行機の機体構造に関する数理的研究も多く、建物の振動の地盤への逸散の研究の先駆者としても知られる。第二次世界大戦中、地震研究所運営などの激務のなかに肺結核が悪化し死去した。主著は『振動学』(1932)。[松澤武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

妹沢克惟の関連キーワード深刻小説日清戦争もの派観念小説文芸倶楽部ドイツ映画青梅線沖縄戦カリブ文学直木賞

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone