コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姶良カルデラ あいらかるでら

1件 の用語解説(姶良カルデラの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

姶良カルデラ
あいらかるでら

鹿児島湾の北端に位置する東西約23キロメートル、南北約17キロメートル、面積約430平方キロメートルのカルデラ。1943年(昭和18)に地質学者松本唯一(ただいち)が提唱した九州中部から南部に連なる阿蘇(あそ)型大カルデラ群の一つ。更新世(洪積世)末期(約2万年前)に火砕流が大規模に発生し、約150立方キロメートルのシラス(南九州に広く分布する軽石質の火山灰砂)が噴出した結果、山体が陥没してできたと考えられ、のちにその南東縁寄りに桜島火山が誕生した。[諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の姶良カルデラの言及

【火砕流】より

…この噴火の際上空に噴き上げられた細粒の火山灰は1000km以上離れた地域にまで降下した(AT火山灰)。この噴火の結果鹿児島湾北部は陥没して,直径20kmの姶良(あいら)カルデラを生じた。このような大規模火砕流堆積物は,その自重と高温のため中心部が固く溶結して,一見溶岩のようにみえる岩石(溶結凝灰岩)となる。…

【カルデラ】より

…また,火砕流噴出に先行して大規模な降下火砕堆積物を生じる場合が多い。たとえば約2万2000年前に生じた姶良カルデラ(直径20km。鹿児島湾奥部)の周囲には厚さ最大200mの軽石質火砕流堆積物が3000km2の面積を覆い,シラス台地を形成している。…

※「姶良カルデラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

姶良カルデラの関連情報