娑羅林(読み)サラリン

大辞林 第三版の解説

さらりん【娑羅林】

しゃらりん【娑羅林】

〔「さらりん」とも〕
娑羅樹の林。特に釈迦入滅の地である娑羅樹の林をいう。
今様の法文歌ほうもんのうたの謡い方で、しめやかに謡うもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さら‐りん【娑羅林】

〘名〙
① 娑羅の木の茂った林。特に釈尊の入滅した娑羅の林をいう。しゃらりん。
今様の曲の一つ。法文の歌を和讚の曲節でうたうもの。しゃらりん。

しゃら‐りん【娑羅林】

〘名〙
① 娑羅の木の茂った林。特に、釈尊の入滅した娑羅の林をいう。さらりん。
※観智院本三宝絵(984)上「娑羅林に赴き給にし後より遺し置き給へる舎利を拝み奉り」
※雑談集(1305)八「四枯四栄の沙羅林(シャラリン)も、此の法門也」
② 今様の曲節の一種。法文の歌を和讚の曲節でうたうもの。さらりん。
梁塵秘抄口伝集(12C後)一〇「娑羅林・只の今様・片下・早歌謡ふべきやう、〈略〉記し了はりぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる