コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

私生子 しせいしbastard, illegitimate child

5件 の用語解説(私生子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

私生子
しせいし
bastard, illegitimate child

一般に父親の知れない子をいう。日本の民法旧規定では婚姻外に生れた子をその生母に対して私生子と呼び,その子が父に認知されると庶子と呼んだ。 1942年,民法の一部改正により,法律上この名称は廃止され,現行民法上はいずれも嫡出でない子呼ばれる (779条など) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しせい‐し【私生子】

法律上の婚姻関係にない男女間に生まれた子。民法旧規定では父に認知されない子をいい、認知された子は庶子(しょし)といった。現行民法ではこの語を用いず、「嫡出(ちゃくしゅつ)でない子」「非嫡出子」という。私生児。私子。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

私生子【しせいし】

私生児(しせいじ)とも。婚姻外の子をその母に対して私生子という。戸籍にまでこの名称を記載するのは酷であるというので民法改正(1942年)により,庶子の呼称とともに廃止された。
→関連項目婚外子実子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しせいし【私生子】

民法旧規定で、法律上の婚姻関係にない男女の間に生まれた子。認知された子は庶子として家籍に入れられた。1942年(昭和17)に名称を廃止。現在の民法では「嫡出でない子」という。私生児。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

私生子
しせいし

明治民法の下では、未婚の母の生んだ子を母の私生子(私生児(しせいじ))とよび、その子が父に認知されると、父の庶子とよんだ。現在、この名称は法律上廃止され、いずれも「嫡出でない子」とよばれている。ヨーロッパ社会では、かつては、私生子はすこぶる虐待されたが、しだいに嫡出子との差別が撤廃されてきている。日本では、古くは「家」制度を維持するために、妻に子ができない場合には夫がよそで子をつくることがむしろ奨励されたため、私生子もかなり優遇されてきた。ただし、2013年(平成25)の民法改正前は、相続において、嫡出子と私生子とがいれば、私生子(認知されている場合)の法定相続分は嫡出子の2分の1であるとされ、私生子が不利な立場に置かれていた(民法900条4号但書)。しかし、同年9月4日、最高裁判所の大法廷は、同規定が法の下の平等を定める憲法14条1項に違反する旨を決定した(民集67巻6号1320頁)。この判決を受けて、民法900条4号但書のうち、私生子の相続分を嫡出子の相続分の2分の1とする旨を定める部分が削除されたため、現在では、嫡出子と私生子の相続分は同等になっている。[山本正憲・野澤正充]
『竹田旦「私生児観の変遷」(『史潮』57号所収・1955・大塚史学会) ▽「私生児の方言」「私生児のこと」(『定本柳田国男集15』所収・1963・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone