コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子どもの慢性副鼻腔炎 こどものまんせいふくびくうえんChronic Inflammation of Paranasal Sinuses

家庭医学館の解説

こどものまんせいふくびくうえん【子どもの慢性副鼻腔炎 Chronic Inflammation of Paranasal Sinuses】

[どんな病気か]
 鼻の奥には副鼻腔という空洞(くうどう)があります(図「副鼻腔(洞)」)。この副鼻腔に慢性の炎症がある病気で、一般に蓄膿症(ちくのうしょう)(「慢性副鼻腔炎(蓄膿症)」)といわれています。
[症状]
 鼻がつまり、黄色の膿性(のうせい)の鼻水が出ます。
 鼻づまりのため、口を開けて呼吸をしたり、いびきをかいたりします。また、においに鈍感になります。
 鼻水は粘りけがあって、鼻をかみきれなかったり、のどへ落ちてせきやたんの原因になったりします。
 鼻を診察し、副鼻腔のX線撮影をして診断します。
[治療]
 耳鼻咽喉科(じびいんこうか)を受診します。鼻の処置(たまっている鼻水を吸い出して、鼻のとおりをよくする)をして、ネブライザー治療(吸入療法)を行ないます。また、炎症を抑える薬や、膿(うみ)を排出しやすくする薬などを内服します。
 小学生以上であれば、鼻の中から上顎洞(じょうがくどう)(頬(ほお)の奥にある副鼻腔の1つ)へ針を入れて、膿を洗い出す治療方法もあります。
 症状が一時よくなっても、かぜをひくと、また悪くなることがよくあります。鼻づまり、鼻水の症状が出たときは、早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。
 子どもの慢性副鼻腔炎は、発症にアデノイド増殖症(ぞうしょくしょう)(「アデノイド増殖症(腺様増殖症/アデノイド/咽頭扁桃肥大症)」)やアレルギー性鼻炎(せいびえん)(「鼻過敏症(アレルギー性鼻炎/血管運動性鼻炎)」)が関係している場合があります。
 また、慢性副鼻腔炎が、滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)(「子どもの滲出性中耳炎」)の原因になっていることもあります。
 子どもの慢性副鼻腔炎の多くは、成長にともなって軽快していきます。根気強く治療を続けましょう。

出典 小学館家庭医学館について 情報

子どもの慢性副鼻腔炎の関連キーワードアデノイド増殖症(腺様増殖症/アデノイド/咽頭扁桃肥大症)

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android