コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子どもの慢性副鼻腔炎 こどものまんせいふくびくうえん Chronic Inflammation of Paranasal Sinuses

1件 の用語解説(子どもの慢性副鼻腔炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こどものまんせいふくびくうえん【子どもの慢性副鼻腔炎 Chronic Inflammation of Paranasal Sinuses】

[どんな病気か]
 鼻の奥には副鼻腔という空洞(くうどう)があります(図「副鼻腔(洞)」)。この副鼻腔に慢性の炎症がある病気で、一般に蓄膿症(ちくのうしょう)(「慢性副鼻腔炎(蓄膿症)」)といわれています。
[症状]
 鼻がつまり、黄色の膿性(のうせい)の鼻水が出ます。
 鼻づまりのため、口を開けて呼吸をしたり、いびきをかいたりします。また、においに鈍感になります。
 鼻水は粘りけがあって、鼻をかみきれなかったり、のどへ落ちてせきやたんの原因になったりします。
 鼻を診察し、副鼻腔のX線撮影をして診断します。
[治療]
 耳鼻咽喉科(じびいんこうか)を受診します。鼻の処置(たまっている鼻水を吸い出して、鼻のとおりをよくする)をして、ネブライザー治療(吸入療法)を行ないます。また、炎症を抑える薬や、膿(うみ)を排出しやすくする薬などを内服します。
 小学生以上であれば、鼻の中から上顎洞(じょうがくどう)(頬(ほお)の奥にある副鼻腔の1つ)へ針を入れて、膿を洗い出す治療方法もあります。
 症状が一時よくなっても、かぜをひくと、また悪くなることがよくあります。鼻づまり、鼻水の症状が出たときは、早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。
 子どもの慢性副鼻腔炎は、発症にアデノイド増殖症(ぞうしょくしょう)(「アデノイド増殖症(腺様増殖症/アデノイド/咽頭扁桃肥大症)」)やアレルギー性鼻炎(せいびえん)(「鼻過敏症(アレルギー性鼻炎/血管運動性鼻炎)」)が関係している場合があります。
 また、慢性副鼻腔炎が、滲出性中耳炎しんしゅつせいちゅうじえん)(「子どもの滲出性中耳炎」)の原因になっていることもあります。
 子どもの慢性副鼻腔炎の多くは、成長にともなって軽快していきます。根気強く治療を続けましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

子どもの慢性副鼻腔炎の関連キーワード鼻腔副鼻腔副鼻腔炎蓄膿症何心地不死身狼咽サイナス蝶形骨洞鼻炎 (rhinitis)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone