コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子どもの滲出性中耳炎 こどものしんしゅつせいちゅうじえん Otitis Media with Effusion

1件 の用語解説(子どもの滲出性中耳炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こどものしんしゅつせいちゅうじえん【子どもの滲出性中耳炎 Otitis Media with Effusion】

[どんな病気か]
 中耳に液体がたまり、耳の聞こえが悪くなる病気です。
 液体は、水のようにサラサラしたものから、ニカワ状の粘(ねば)りけのあるものまでさまざまです。子どもは、ニカワ状の液がたまることが多く、聴力の低下も強く現われます。
 子どもに多い病気で、成長につれておこらなくなることが多いものです。
[症状]
 難聴(なんちょう)がおもで、ふつう、耳の痛みはありません。このため、見逃されて、健康診査などで初めて発見されることもあります。
 子どもの耳の聞こえにたえず注意しておくことが必要です。難聴を見逃していると、乳幼児は、ことばの遅れがおこることがあります。
[原因]
 急性中耳炎に引きつづいておこることがあります。
 耳管(じかん)(耳と鼻の奥の上咽頭(じょういんとう)を結ぶ管)の機能が十分でないためにおこると考えられていますが、確かな原因は、まだ明らかではありません。
 鼻すすりが、病気に悪影響をおよぼします。
[検査と診断]
 診察すると、鼓膜が内側に落ち込み、ときに空気の泡や琥珀(こはく)色の液体が鼓膜を通してみられます。
 聴力検査を行なうと、音の伝わりに障害のある伝音性難聴(でんおんせいなんちょう)を示します。
 鼓膜の動きを調べる検査(ティンパノメトリー)を行なうと異常が出ます。鼓膜の落ち込みが激しいときは、真珠腫(しんじゅしゅ)になっている疑いがあるので、CT検査が行なわれます。
[治療]
 鼓膜に穴を開けたり、切開をして中耳の液を出します。鼓膜に穴が開いても、中耳の液がなくなれば聞こえがよくなります。
 再発をくり返す場合は、鼓膜にチューブを立てて、穴が閉じないようにします。この治療を行なうと、液が中耳にたまらなくなり、2年ほどで耳管のはたらきが改善され、チューブが不要になることが多いものです。通気(つうき)(鼻から耳管経由で空気を中耳に入れる)も効果があります。
 特効薬はないのですが、マクロライド系の抗生物質、粘液溶解剤(ねんえきようかいざい)、漢方薬を内服します。アデノイドが悪影響をおよぼしているときは、アデノイドを切除します。アレルギー性鼻炎のある場合は、その治療が必要になります。
 耳管の機能がよくなる小学生の中高学年まで、気長な治療が必要なこともあります。
[日常生活の注意]
 鼻すすりを避けましょう。滲出性中耳炎は再発しやすく、完治まで時間のかかる病気なので、耳鼻咽喉科(じびいんこうか)での定期的な診察が必要です。
 テレビの音を大きくしないかなど、たえず子どもの耳の聞こえに注意しましょう。
 また、水泳は、チューブを入れている子どもでも、水泳用の耳せんをし、その上から耳までおおうビニールの帽子をかぶって、耳せんが落ちないようにすれば可能です。ただし、耳だれが出ている間は、水泳はできません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

子どもの滲出性中耳炎の関連キーワードタマリン中耳炎何心地不死身水溜まりライオンタマリン腸満マドンナデッリドリス教会通気かくはん中耳炎 (otitis media)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone