コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宝三番叟 こだからさんばそう

世界大百科事典 第2版の解説

こだからさんばそう【子宝三番叟】

常磐津節,新内節の曲。常磐津節のほうは《常磐種》によると1787年(天明7)2月1日の初世常磐津文字太夫七回忌追善に当たって,高弟兼太夫の2世文字太夫襲名披露が行われ,その祝儀曲として上演されたとある。《常磐種》には本曲のこれ以前の上演記録はなく,これが初演と考えられる。作曲は初世鳥羽屋里長と2世岸沢式佐であろう。作詞者は不明。素踊の祝儀曲として各流で振り付けられている。能《》の三日之式の中で三番が千歳に対して世の中で最もめでたい者は子徳人であるとして,〈おとよ,けさよ〉ら10人の子供の名を挙げる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

子宝三番叟の関連キーワード鳥羽屋里長(1世)岸沢式佐(2世)三番叟物

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android