コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孟子字義疏証 もうしじぎそしょうMeng-zi-zi-yi-shu-zheng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孟子字義疏証
もうしじぎそしょう
Meng-zi-zi-yi-shu-zheng

中国,清の学者戴震晩年の著書。3巻。乾隆 41 (1776) 年成立。『孟子』の文章を中心にし,考証学の知識を駆使して,理,天道仁義などの儒教の主要概念について解説している。清代考証学者の間にあっては,珍しく思弁的な書であることと,その解説が合理的で近代的傾向を示していることで学者の注目を集めている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

孟子字義疏証
もうしじぎそしょう

中国、清(しん)の戴震(たいしん)の著。全三巻。巻上理、巻中天道・性、巻下才・道・仁義礼智(じんぎれいち)・誠・権。『孟子』にみえるそれらの語の字義を疏通証明する、の意を書名とする。戴震は、道を求めること、つまり古聖賢(古典の筆者)の心をとらえることを、経学(けいがく)の最高の段階に置き、字義の究明から古代言語に通じて「経(けい)」を解明し、そこに道を見いだす、という考証学の方法論を説き、この著を彼の多くの著述のなかでももっとも重要なもの、と自らいう。これが定稿となったのは晩年で(1776)、前に『原善』『緒言(しょげん)』『孟子私淑録』があり、聖人の道に至る緒(いとぐち)として孟子に私淑するものである。孟子は楊墨(ようぼく)の説を排したが、宋儒(そうじゅ)は老荘釈氏の説を受け入れたため、いまや政治から日常生活に及ぶまで、天下が禍(わざわい)を被っている、と朱子学ないし政治権力者を批判し、人間の欲望を肯定する彼自身の哲学を、理気に関する独自の理論体系に組み立てて展開している。[近藤光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

孟子字義疏証の関連キーワード焦循

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android