コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孤灯 コトウ

デジタル大辞泉の解説

こ‐とう【孤灯】

一つだけともっている灯火。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

孤灯 ことう

1781-1827 江戸時代後期の僧。
天明元年生まれ。浄土宗。京都で出家,のち江戸霊巌寺の智灯にまなぶ。才能におぼれて非行にはしり,文化13年八丈島に流される。老母の手紙で罪をくい,石室での念仏にあけくれたという。文政10年4月12日死去。47歳。京都出身。号は転誉。著作に「東溟余課」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

孤灯の関連情報