コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孤雲(読み)コウン

デジタル大辞泉の解説

こ‐うん【孤雲】

他に離れて空に浮かぶひとひらの雲。片雲(へんうん)。
「―野鶴を見て別天地に逍遥するは」〈透谷・山庵雑記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

孤雲 こうん

?-1691 江戸時代前期の僧。
浄土宗。鎌倉光明寺の住職などをへて,貞享(じょうきょう)5年(1688)京都知恩院40世となる。公慶が東大寺大仏殿再建を念願したとき,念仏の法をつたえたという。元禄(げんろく)4年11月6日死去。号は称蓮社専誉名阿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android