学徒勤労動員(読み)がくときんろうどういん

百科事典マイペディアの解説

学徒勤労動員【がくときんろうどういん】

太平洋戦争中に強行された学生生徒の産業部門への動員。1938年の文部省通牒(つうちょう)により,すでに学生・生徒は長期休業中に3〜5日勤労奉仕することを義務づけられていたが,1943年6月東条内閣は各学校の軍事教練強化を命じ,1944年1月勤労動員は年間4ヵ月を継続して行うことが義務づけられ,3月には通年実施と決定。4月からは中等学校3年以上はほとんど動員され学校教育は事実上停止となった。→国民徴用令
→関連項目勤労動員山口仙二

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

学徒勤労動員

戦時下の労働力不足を補うため、1944年に学徒の通年の工場配置が閣議決定された。旧制中学女学校のほとんどの授業が停止され、生徒が軍需生産や食糧増産に配された。終戦直前の45年7月の動員数は全国で約343万人。「県教育史」(県教育委員会編集)によると、なかには食料配給が行き届かず、病死者が出たことから、校長が生徒を引き揚げさせた工場もあったという。

(2014-08-31 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がくときんろうどういん【学徒勤労動員】

日中全面戦争・太平洋戦争期に,中等学校・高等学校・大学の学生や生徒を強制的に工場などに動員し労働させたこと。1938年(昭和13)6月の文部省〈集団的勤労作業実施に関する通牒〉により,学生・生徒は長期休業中に3‐5日勤労奉仕することが義務づけられた。それを恒常化したのが39年の木炭や食料の増産運動であり,生徒らは正課として作業に参加することになった。41年には年間30日の授業を勤労作業にあててよいという指示が出された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学徒勤労動員の関連情報