学籍(読み)がくせき

精選版 日本国語大辞典「学籍」の解説

がく‐せき【学籍】

〘名〙 学生生徒として、その学校に在学していることを示す
※疑惑(1913)〈近松秋江〉「私立学校の専門部などに学籍を置いて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

大学事典「学籍」の解説

学籍
がくせき

学籍とは学生の身分や所属等,学生として大学に在籍している(あるいは在籍していた)ことを証明する,大学における学生の戸籍である。各大学は学則に基づき,学生の休学・復学・退学・再入学,留学,転学・転部・転科・転専攻,転籍除籍復籍,卒業・修了等,学籍に関する取扱いを定める。学籍上の取扱いによって,授業料納入の要不要や単位互換の可否が異なる(たとえば休学中の学生について,学籍上は大学に在籍していても授業料納入が不要となる場合など)。また学籍に基づき,各種証明書等の発行,保険の手続き等のサービスが提供される。日本では一般に,各大学が実施する個別の入試に合格し,所定の入学手続きを完了した場合に,当該大学の学生として学籍を取得できる。他方,フランスやドイツ等の大学入学資格制度を採用している国では,大学入学資格取得者が入学を希望する各大学に登録する(実質的な入学手続き)ことによって,学籍を取得することになる。
著者: 木戸裕+齋藤千尋

出典 平凡社「大学事典」大学事典について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android