コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孫平化 そんへいか Sun Ping-hua

2件 の用語解説(孫平化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孫平化
そんへいか
Sun Ping-hua

[生]1917.8.20. 奉天,蓋平
[没]1997.8.15. 北京
中国の政治家。東京工業大学予科中退。東北行政委員会外事処幹部,中国共産党中央社会部処長,中国人民対外文化協会秘書長,中国人民外交学会理事などを歴任した。 1963年中日友好協会理事兼副秘書長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

孫平化
そんへいか / スンピンフア
(1917―1997)

中国の政治家。本名は斉守福(さいしゅふく)。日本語が堪能な中国きっての知日派として知られた。奉天(ほうてん)省蓋平(現遼寧(りょうねい)省瀋陽(しんよう)市)出身。中日友好協会の第3代会長。中国人民政治協商会議全国委員会(全国政協)委員を務めた。当時の首相周恩来(しゅうおんらい)に近い、知日派の代表格であった廖承志(りょうしょうし)のもとで、一貫して対日工作を行っていた「三羽烏(さんばがらす)」(ほかは蕭向前(しょうこうぜん)・王暁雲(おうぎょううん))の一人であった。
 第二次世界大戦前は「満州国」の経済部に勤務した。1939年(昭和14)蔵前工業専門学校予科(現東京工業大学)に入学したが、1943年に中退して帰国する。1944年中国共産党に入党し、旧満州(現東北三省)で地下活動に専心した。中華人民共和国成立後の1955年(昭和30)3月、中国共産党貿易代表団副秘書長として来日。以後、各種の訪日団に参加し、しばしば来日する。また、1959年自民党代議士の松村謙三が初めて訪中した際には主任随行員を務めた。1964年8月、「東京駐在廖承志連絡事務所」主席代表として来日し、廖承志と高碕達之助による「LT貿易」に従事した。文化大革命期(1966~1976)の1968年に一時帰国後、消息が途絶えた(五・七幹部学校に送られたといわれる)が、1972年6月に復活を遂げ、翌月周恩来首相の命で上海舞劇団を率いて来日した。同年7月、大平正芳(おおひらまさよし)外相との会談で田中角栄首相に対して中国への公式訪問を要請するなど、日中国交回復に尽力しその架け橋となった。1976年1月、中日友好協会副会長に就任し、1986年5月に会長の座についた。1991年(平成3)、勲一等瑞宝章を授章され、1997年には国際交流基金賞を受賞した。また同年8月に没後、本国では日本をテーマにする中国人学者、研究者を対象にした「孫平化日本学学術奨励基金」が設立された。著書に『中日友好随想録』(邦訳『日本との30年』)がある。[渋谷 司]
『孫平化著、安藤彦太郎訳『日本との30年――中日友好随想録』(1987・講談社) ▽孫平化著『中国と日本に橋を架けた男――私の履歴書』(1998・日本経済新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

孫平化の関連キーワード奉天奉天派奉天事件奉天の会戦奉天省公署末光源蔵ランガルト奉天市奉天殿奉天特務機関

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

孫平化の関連情報