コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大平正芳 おおひらまさよし

7件 の用語解説(大平正芳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大平正芳
おおひらまさよし

[生]1910.3.12. 香川,豊浜
[没]1980.6.12. 東京,世田谷
政治家。 1936年,東京商科大学を卒業,大蔵省に入省。 1949年,池田勇人大蔵大臣秘書官となり,1952年衆議院議員に当選。以来連続 11回当選。宮沢喜一黒金泰美とともに,池田勇人の「秘書官グループ」と呼ばれ,1960年池田内閣官房長官となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおひら‐まさよし〔おほひら‐〕【大平正芳】

[1910~1980]政治家。香川の生まれ。外相・蔵相などを経て、昭和53年(1978)首相。2年後不信任案可決で衆議院を解散、総選挙中に死去。→鈴木善幸

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大平正芳【おおひらまさよし】

政治家。香川県出身。1936年東京商大卒業後大蔵省に入省。1952年衆議院議員に当選し政界に入る。1960年官房長官として初入閣,以後,外相,通産相,蔵相などを歴任。
→関連項目鈴木善幸鈴木善幸内閣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大平正芳 おおひら-まさよし

1910-1980 昭和時代後期の政治家。
明治43年3月12日生まれ。大蔵省にはいり,昭和24年池田勇人(はやと)蔵相の秘書官。27年衆議院議員(当選11回,自民党)。35年第1次池田内閣の官房長官。46年旧池田派「宏池会」をひきつぐ。田中内閣で外相,蔵相,三木内閣で蔵相をつとめ,53年首相。昭和55年6月12日選挙運動中に急死した。70歳。香川県出身。東京商大(現一橋大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おおひらまさよし【大平正芳】

1910‐80(明治43‐昭和55)
戦後日本の保守政治家。香川県生れ。東京商科大学卒業。大蔵官僚の出身。1949年池田勇人の秘書官から政界入り。52年衆議院議員に当選。自民党主流派に身を置き,60年第1次池田内閣の官房長官,第2次,第3次池田内閣の外相となり,62年日韓国交正常化交渉の賠償問題を解決した。71年前尾繁三郎にかわって宏池会(旧池田派)の会長となる。72年田中角栄内閣成立に寄与し,外相となる。78年最初の全党員参加方式の総裁選挙で福田赳夫を破り,12月に総裁・首相となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおひらまさよし【大平正芳】

1910~1980) 政治家。香川県生まれ。東京商大卒。外相・蔵相などを歴任し1978年(昭和53)首相。在任中急死。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大平正芳
おおひらまさよし
(1910―1980)

政治家。明治43年3月12日香川県生まれ。1936年(昭和11)東京商科大学(現一橋大学)卒業後大蔵省に入る。1949年(昭和24)池田勇人(はやと)蔵相の秘書官として政界に入り、1952年衆議院議員に当選。第一次池田勇人内閣の官房長官として池田内閣の「低姿勢」「経済主義」路線を推進する立役者となった。池田首相退陣にあたっては佐藤栄作を支持、1971年宏池(こうち)会(旧池田派)会長に就任、1972年田中角栄内閣の外相として日中国交正常化を実現させた。1978年11月自民党総裁予備選挙で福田赳夫(たけお)を破り、首相に就任。保革伯仲下での部分連合、日本型福祉社会建設などを打ち出すが、1980年(昭和55)6月12日衆参同時選挙の最中、急性心不全で死去。[伊藤 悟]
『福永文夫著『大平正芳──「戦後保守」とは何か』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大平正芳の言及

【田園都市】より

…第2次大戦後,大都市郊外の鉄道沿線で,駅を中心に公共セクターや民間セクターにより大規模な宅地開発が盛んに行われたが,戦後の高地価,宅地難のため過小宅地が多く,田園調布のような高水準に達していない状況にある。日本での田園都市構想としては大平正芳内閣時代,同首相の委嘱により政策研究会が1980年にまとめた提案が注目される。ここでのねらいは人口10万~30万人程度の地方中核都市を中心に,周辺の都市,農村を結合して形成される地域社会を田園都市圏と定義づけ,全国で200~300に達するこれら田園都市圏のネットワークを形成することにより,全国土の均衡ある発展を目指している。…

※「大平正芳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大平正芳の関連キーワードビーバーブルック御手洗辰雄キリスト教民主党NCPAC香川県香川郡内田健三神崎清前川忠夫渡辺昭夫大嶽秀夫

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大平正芳の関連情報