大平正芳(読み)おおひらまさよし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大平正芳
おおひらまさよし

[生]1910.3.12. 香川,豊浜
[没]1980.6.12. 東京,世田谷
政治家。 1936年,東京商科大学を卒業,大蔵省に入省。 1949年,池田勇人大蔵大臣秘書官となり,1952年衆議院議員に当選。以来連続 11回当選。宮沢喜一,黒金泰美とともに,池田勇人の「秘書官グループ」と呼ばれ,1960年池田内閣の官房長官となった。「寛容と忍耐」「所得倍増」の池田政治を演出,岸信介強権政治から池田柔軟路線への転換を果たした。 1962年外務大臣。佐藤栄作内閣で党政務調査会会長,通産大臣を歴任。 1972年佐藤退陣後の総裁選挙に田中角栄福田赳夫大平三木武夫の4人が出馬,福田と田中の決選投票となり,田中を支持。田中内閣の外相に就任,日中国交回復を実現した (日中共同声明 ) 。 1974年蔵相となり,三木内閣でも引き続き蔵相を務めた。 1976年秋,福田と連携して三木を退陣に追い込み,同 12月福田内閣の党幹事長に就任。 1978年 11月の自由民主党の総裁選挙で現職の福田を破って第9代総裁となり,同 12月第 68代内閣総理大臣の座についた。 1979年9月衆議院を解散したが,翌 10月の衆議院選挙で安定多数獲得に失敗。党内反主流派から引責退陣を迫られたが応ぜず,第2次大平内閣を発足させた。 1980年5月,内閣不信任案可決で再び衆議院を解散して衆参同日選挙となったが,そのさなかに心臓病で急死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大平正芳【おおひらまさよし】

政治家。香川県出身。1936年東京商大卒業後大蔵省に入省。1952年衆議院議員に当選し政界に入る。1960年官房長官として初入閣,以後,外相,通産相,蔵相などを歴任。この間,自由民主党の政調会長,幹事長などを歴任。1978年11月,自民党総裁予備選挙で福田赳夫を破り,総裁。同12月7日内閣総理大臣に就任。1980年6月12日,総選挙中に急死。→大平正芳内閣
→関連項目鈴木善幸鈴木善幸内閣

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大平正芳 おおひら-まさよし

1910-1980 昭和時代後期の政治家。
明治43年3月12日生まれ。大蔵省にはいり,昭和24年池田勇人(はやと)蔵相の秘書官。27年衆議院議員(当選11回,自民党)。35年第1次池田内閣の官房長官。46年旧池田派「宏池会」をひきつぐ。田中内閣で外相,蔵相,三木内閣で蔵相をつとめ,53年首相。昭和55年6月12日選挙運動中に急死した。70歳。香川県出身。東京商大(現一橋大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおひらまさよし【大平正芳】

1910‐80(明治43‐昭和55)
戦後日本の保守政治家。香川県生れ。東京商科大学卒業。大蔵官僚の出身。1949年池田勇人の秘書官から政界入り。52年衆議院議員に当選。自民党主流派に身を置き,60年第1次池田内閣の官房長官,第2次,第3次池田内閣の外相となり,62年日韓国交正常化交渉の賠償問題を解決した。71年前尾繁三郎にかわって宏池会(旧池田派)の会長となる。72年田中角栄内閣成立に寄与し,外相となる。78年最初の全党員参加方式の総裁選挙で福田赳夫を破り,12月に総裁・首相となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおひらまさよし【大平正芳】

1910~1980) 政治家。香川県生まれ。東京商大卒。外相・蔵相などを歴任し1978年(昭和53)首相。在任中急死。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大平正芳
おおひらまさよし
(1910―1980)

政治家。明治43年3月12日香川県生まれ。1936年(昭和11)東京商科大学(現一橋大学)卒業後大蔵省に入る。1949年(昭和24)池田勇人(はやと)蔵相の秘書官として政界に入り、1952年衆議院議員に当選。第一次池田勇人内閣の官房長官として池田内閣の「低姿勢」「経済主義」路線を推進する立役者となった。池田首相退陣にあたっては佐藤栄作を支持、1971年宏池(こうち)会(旧池田派)会長に就任、1972年田中角栄内閣の外相として日中国交正常化を実現させた。1978年11月自民党総裁予備選挙で福田赳夫(たけお)を破り、首相に就任。保革伯仲下での部分連合、日本型福祉社会建設などを打ち出すが、1980年(昭和55)6月12日衆参同時選挙の最中、急性心不全で死去。[伊藤 悟]
『福永文夫著『大平正芳──「戦後保守」とは何か』(中公新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おおひら‐まさよし【大平正芳】

政治家。香川県出身。第一次池田内閣の官房長官を経て各省大臣を歴任。昭和五三年(一九七八)自民党総裁、首相。二年後内閣不信任案可決で衆議院を解散、総選挙中に急逝。明治四三~昭和五五年(一九一〇‐八〇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大平正芳の言及

【田園都市】より

…第2次大戦後,大都市郊外の鉄道沿線で,駅を中心に公共セクターや民間セクターにより大規模な宅地開発が盛んに行われたが,戦後の高地価,宅地難のため過小宅地が多く,田園調布のような高水準に達していない状況にある。日本での田園都市構想としては大平正芳内閣時代,同首相の委嘱により政策研究会が1980年にまとめた提案が注目される。ここでのねらいは人口10万~30万人程度の地方中核都市を中心に,周辺の都市,農村を結合して形成される地域社会を田園都市圏と定義づけ,全国で200~300に達するこれら田園都市圏のネットワークを形成することにより,全国土の均衡ある発展を目指している。…

※「大平正芳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大平正芳の関連情報