コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇陀法師 うだのほうし

世界大百科事典 第2版の解説

うだのほうし【宇陀法師】

俳諧論書。李由・許六(きよりく)編。1702年(元禄15)刊。1冊。井筒屋庄兵衛板。題号は,宇多帝遺愛の和琴の銘によるもの。内容は3部に分かれ,〈誹諧撰集法〉では撰者みずからの句を入集させることなどの編集法について,〈当流活法〉では主として切字(きれじ)について,〈巻頭幷俳諧沙汰〉では連句の心得について論ずるが,文中に触れられる蕉風俳諧論など注目すべき点が多い。前著篇突(へんつき)》よりもいっそう整理された記述で格式を重んじている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

宇陀法師の関連キーワード森川許六阿羅野猿蓑俳論

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android