コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺教 イキョウ

デジタル大辞泉の解説

い‐きょう〔ヰケウ〕【遺教】

昔の人が残した教え。また、故人が言い残した教え。

ゆい‐きょう〔‐ケウ〕【遺教】

《「ゆいぎょう」とも》
教えをのちの世に残すこと。また、その教え。
釈迦(しゃか)の説いて残した教え。仏教のこと。
「これより漢土の仏法は弘まりて―今に流布せり」〈太平記・二四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いきょう【遺教】

昔の人の残した教え。また、死ぬ時に残した教え。 「聖賢の-」 → ゆいきょう(遺教)

ゆいきょう【遺教】

〔「ゆいぎょう」とも〕
教訓を後世に残すこと。また、その教訓。遺訓。
釈迦の残した教え。仏教。 「漢土の仏法は弘まりて、-今に流布せり/太平記 24

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

遺教の関連キーワード大伴古麻呂大般涅槃経摩訶迦葉福田行誡平田銕胤釈迦念仏千本念仏遺教経会会者定離菅実秀三冊子僻案抄常楽会奎章閣涅槃会遺教経漢土教訓

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android